デザイナーこそお客さんを選ぶべき

月一で交流会を開催中!はじめてでも楽しめるアットホームな会です

picjumbo.com_HNCK8990

おはようございます。
講師の久保です。

今日はちょっと「お仕事」の話をします。
個人でデザイナーとして仕事をしたい方、ぜひ読んでください。

昨日はある交流会に行ってきました。
そこで、ある方に会ったのですが、
その方がこんなことを言っていました。

「僕はね、LP(ランディングページ)の
デザインは友達に5万円くらいで
作ってもらってるんだ」

ランディングページとは
主に商品を販売するために作るサイトのことで、
最近よく使われています。
よくあるのは、縦に長ーいページです。

これはうちで制作する場合、
20万円〜100万円くらいで制作しています。

やや高額ですが、ランディングページは
見た人が興味を持つように
数々の工夫をする必要があり、
また反応も高いのです。

それを「5万円で作ってもらっている」
というのはかなり安いですね。
(実際に見てみないとレベルは分かりませんが)

安く作ってもらえて、
その方はラッキーだと思います。

ただ、デザイナーとして注意すべきことは、

「こういう方に会った時に自分を安売りしない」
ということです。

なんとか仕事を獲得しようと、

「あ、それ、私だったら、4万円でやりますよ!」とは言ってはいけません。笑

経験上言えることですが、
「なるべく安くやってくれ」という方と仕事をしても
あまり良い事はありません。

何を作るにしても、「最安値で」と言われて仕事をしていると
自分の価値がどんどん下がっていきます。

もちろん、すぐに終わるもので、
価格と見合っていると判断できる仕事でしたら、
安くても請け負ってもよいのですが、
長い付き合いにはならないものが多いです。

世の中には自分を安売りしているデザイナーさんがたくさんいます。
とても良いデザインをしているのに、
破格で仕事をたくさん請け負って、
いつも忙しくしている方が多いです。

「デザイン」の価値は明確に計れるものではないので、
そうなってしまうのも分からなくはないのですが、
もったいないと思います。

デザインの価値を理解して、
その成果に対して正当に評価してくれる方もいるのです。
そういう方に会ったら、一生懸命仕事をしましょう。
手を抜かず、リクエストされたことにちょっとプラスαのサービスをしてあげましょう。

良いお客さんは良い仕事、良い縁を運んでくれます。
そういう方が数名近くにいるだけで、仕事はたくさん舞い込んできます。
素晴らしいプロジェクトに関わることができることがあります。

デザイナーにとって、
お客さんはある意味仲間であり、パートナーです。

賢いパートナー選びをしましょう♩

 

日本デザインスクール 東京・池袋校 講師・WEBディレクター久保より

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です